• 2020年06月19日(金)

    AED講習会

     

    DSC_0024

    DSC_0028

     

    AED講習会が行われました。

    AED(自動体外式除細動機)は、心臓が正常に動かなくなった時に自動で電気ショックの必要性を判断し、必要があれば電気ショックを施して心臓の動きを正常に戻すための装置です。

    音声ガイドに従って使用すれば特に難しいことはありません。しかし、実際に練習したことがあるのと無いのでは大きな違いがありますね。

    気温が高くなれば、AEDを使うべき時が出てくるかもしれません。

    しっかり練習した皆さんであれば緊急時にも最適な応急処置ができます。

    心室細動になった際には、1分処置が遅れるごとに10%蘇生確率が下がるそうです。つまり救急車が来るまでの約10分程度の間に救命処置を施さなければ間に合わないということですね。身近な人の命は皆さんの行動で救えるかもしれません。

     

    (参考:『日本光電のAED情報サイト AEDライフ』https:www.aed-life.com)

    DSC_0031

    DSC_0037

     

  • 2020年06月12日(金)

    グローアップウイーク

    DSC_0020

     

    今週はグローアップウイークが行われました。

     

    昨今の事情により今年度に関しましては積極的な呼びかけはせず,おもに関係者間で相互授業参観を行いました。

     

    教員として,同じ科目の授業を参観することはもちろん学び深いことですが,別の科目の授業を参観することもまた学び深いことのように思います。

     

    大学生の時に教授が「ある分野で昔から使われてきたありきたりな方法は,他の分野ではとても新しく価値の高いものであったりする」とおっしゃっていたの思い出しました。

     

    自分に直接関係ないものを避けがちですが,直接関係ないものほど実は成長材料の宝庫なのかもしれませんね。

    DSC_0018

  • 2020年06月05日(金)

    歯科講話

     

    名瀬保健所から講師の先生をお招きして歯科講話が行われました。

    DSC_0013

    定年退職を迎えた方々へアンケートを実施して、後悔していることについて尋ねると高い割合で「歯をもっと大事にすれば良かった」と回答されるそうです。

     

    忙しい生活なかでついついおろそかにしてしまう歯磨き、疲れたときに摂りたくなる砂糖。

    歯磨きをサボることも砂糖を摂ることも、短期的には楽だし幸せなことでしょう。

    しかし、人生の多くのこと同様、快楽がすぐに返ってくる行動は長期的にはマイナスに働くことが多いですね。

    短期的には楽しくても長期的にはマイナスな事の例として、酒、たばこ、薬物、ギャンブルなどが代表的です。もっと日常的なレベルでは、人に暴力や暴言を働いたり仲間はずれにしたりなど、枚挙に暇がありませんね。やっている時は楽しくても日に日にそのマイナスポイントは蓄積されてゆきます。そう、まるで虫歯が徐々に進行するように。

    人生の他のことも、歯と同じように、いよいよ取り返しがつかないという段になって後悔することが多いのかもしれません。

    後悔なきよう。

  • 2020年05月26日(火)

    新任式・全校朝礼

    DSC_0002

    新しい職員が着任しました。

    図書補助員 久 麻美(ひさしあさみ)さん

    校務補助員 増田 小百合(ますださゆり)さん

     

    これからも職員一丸となってより良い教育を目指してまいります。

     

    全校朝礼では校長からの講話として

     

    昨今のコロナウイルスによる騒乱では、差別や誰が感染者かわからないことなどの見えない恐怖が大きくあるが同じく、目に見えなかった大切なものに気づくチャンスでもあるとのことでした。

    我々は日々、生徒、保護者、地域、職員との間で連携しながら生きています。喜界島で生活しているからこそ、見えていなかったけれども貴重なものがそこにあった、ということが理解できたら良いですね。

    誰かに感謝をしようと思った時にはその誰かはもう居ない、ということが多くあります。(なんだか話がズレた気がしますが)毎日を噛みしめて過ごしてください。

    DSC_0001

     

  • 2020年05月22日(金)

    生徒総会

    生徒総会が行われました。

    DSC_0003

    DSC_0004

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本校では

    遠隔会議システム ZOOM を使用して生徒総会を行いました。

     

    本部役員の生徒が中心となって準備を重ねてきての実施でした。

     

    不安もありましたが、学校をより良くするための提案が生徒から活発になされ、真剣な議論が行われていました。

     

    さまざまな技術は人間が困難に直面したときに発展していく、と耳にしたことがありますが、まさにその瞬間を目撃したような気分になりました。

    DSC_0006

    DSC_0007

    DSC_0008

  • 2020年05月01日(金)

    ステイホーム週間の充実に向けて(三学年部より)


    コロナ禍の中,島から出ることもままならず,家庭で黙々と課題に追われていることでしょう。出校日に皆さんの元気な様子を見ることが出来,安心しています。28日からはオンラインアプリZoomを使ってのSHRもはじまりました。オンライン授業も可能か実験中。その時までは自学自習に務めて下さい。早く,普段通りの授業が出来ることを願っています。今回は,3年の先生方から皆さん達へのメッセージです。ちょっと一息してみてください。

                「やればできる」ではなく「できるまでやる」

         あるクラスの学級日誌のコメント欄に書いてあり,とても印象に残っています。
    休業期間,まずは普段通り起床し,決めた時刻に机に向かいやりはじめることが
       大切です。

              ”優しさとは,弱さではなく想像力のこと。”

         『神様のカルテ』という小説に書かれてあった言葉です。嵐の櫻井翔さん主演で
    映画化もされているので,タイトルなら聞いたことがある生徒ものいるのではない
    でしょうか。私はこれを読んで,すとん,と腑に落ちた感覚を味わいました。ただ
    自分の意見や感情を塞いでしまうことが優しさではない。優しさとは,誰かを思い
    やる気持ちそのものなのだと考えると,自分も「優しく」なれる気がします。
    新型コロナウイルスの影響で世の中は混乱し,皆さん不安を抱えていると思いま
    す。そんな状況だからこそ,素敵な小説に出会い,想像力をたっぷり養ってもらえ
    ると嬉しいです。そして,学校が再開したら,おすすめの小説を紹介しあいましょ
    うね。


      ○ 自宅で長い時間過ごすことは大変ですが,喜界町のホームページは毎日見まし
         ょう。日々,更新されています。自分の住む自治体の現在の様子をいつも確認す
         る "くせ" をつけましょう。みんなが健康で楽しく過ごせる日が早く来ることを
         願っています。

        ○ 日頃は何かと忙しいですが,こんな機会だからこそ,本でも読んで心を潤わし
         てみてはどうでしょうか。学校の図書館にある私が好きだった作家の本を紹介し
    たいと思います。
    「さくら」・「まく子」・「サラバ 上・下」 西加奈子
    「暗幕のゲルニカ」 原田マハ

    私もこの機会に図書館で本を借りて読んでみようと思います。

     

    おすすめの本

    後宮の烏(からす)(白川紺子/集英社オレンジ文庫)

        中華幻想ファンタジー。後宮にいながら「妃」でありながら「妃」ではない特別
    な妃,烏妃(うひ)。皇帝・高峻がある依頼のため烏妃を訪れたことからはじまるこの物語

    が今一番面白い。4巻が4月に出たばかりです。                             

     

    鳥居の向こうは知らない世界でした。(友麻碧/幻冬舎文庫)

        黒うさぎの後を追いかけて鳥居をくぐったら異世界に迷い込んでしまった女子大
    生 ・・・・ ここからの展開が面白い。


    神様の御用人(浅葉なつ/メディアワークス文庫)

        さえないフリーターがモフモフの神とともに八百万の神々の願いを叶えていく話。
    いろいろな神サマがでてくるのでそのキャラづけが◎


     孤独がきみを強くする(岡本太郎)

        修学旅行で車窓からみんなと見た太陽の塔。懐かしいですね。芸術家の甚深なる
    言葉を堪能してくれ!

     

    おすすめの曲


    I'm Yours 」 Jason Mraz

        喜界島の爽やかな海辺はこの曲とともに!


      「この歌を ・・・・ 」 K×ETーKING

        みんな決して一人じゃない。
    仲間がいるから頑張れる。
    広がる可能性,自分を信じた道を突き進め!!

    という歌詞が心に響きます。私も大事な試合前などに聞いています。
    皆さんも是非聴いてみて下さい!


    ○ 早起きして,ラジオ体操を始めてみよう。体をほぐして,今日一日を元気に
         頑張ろう。最近は方言のラジオ体操も人気です。奄美の島口体操もありますよ。
         最後に,頭の体操をしてみましょう。次の答えがわかったら教えてね。

       問1 これどこ?        問2 あるに共通するものは何?

       J =   6                   ドラえもん にあって のび太 にない
       M =   8                   ジャイアン にあって スネ夫 にない
       K =  13                アトム   にあって プルートゥ にない
       A =  49                トランクス にあって 孫悟天   にない
       I = 257

  • 2020年04月28日(火)

    ステイホーム週間の充実に向けて(一学年部より)

    ステイホーム週間の充実に向けて

    ステイホームの時期に,外にでれない,友達と遊べない・・・と出来ないことばかりを考えるより,何かを集中して学べる時期と考えてはどうでしょうか。

    「やりたいこと」と「やるべきこと」をバランス良く行い,せっかくなら普段時間がなくてできない「やりたいこと」に挑戦してみてください。

    日本全国,いえ世界で我慢を強いられる時期ですが,自分の趣味を見つける期間と考え,いろんなことに取り組んでみてはどうでしょうか。自分の前にあることを一生懸命やることが,必ず誰かの役に立っています。今なら,コロナウイルスに感染しないことが医療現場の方々のサポートとなります。みなさんと,また元気な姿であえることを楽しみにしています。

    1学年の先生方よりおすすめのステイホーム週間の過ごし方を紹介します。

     

    挑戦していること

     ・パン作り                                                                 

      小麦粉

    ・書道                                                     

    syodou_performance_woman

     

    お勧め(読みたい)本                         

    ・「火星に住むつもりかい?」 伊坂 幸太郎         

    ・「泣きたくないなら 労働法」佐藤 広一          

    ・「手紙屋 僕の就職活動を変えた十通の手紙」 喜多川 泰  

     ・「野村ノート」

     ・「ライオンのおやつ」 小川 糸

     ・「キネマの神様」原田 マハ

     

    お勧めの映画

    ・パーフェクトワールド

    ・ショーシャンクの空に

    ・私の中のあなた

     

    癒やされたい時に お勧めの音楽

     ・フルートとハープのための協奏曲 2楽章 モーツァルト

        22歳の時に作曲した曲。全体は3楽章構成。つねにゆったりと優雅で,キラキラした鮮やかさと静けさが寄り添う名曲。

     ・ゴルトベルク変奏曲  J.S バッハ

        バッハの弟子であったゴルトベルクが,伯爵の不眠を慰めるために演奏したと伝えられる。1時間近くある。眠れない夜にお勧め。

     

    お勧め動画サイトやアプリ

     ・夢ナビ(Yumenabi)   興味あるワードから,大学や職業を紹介。自分の知らない世界が見られる。

     ・Pokekara( 採点カラオケアプリ) 熱唱注意。歌うときは窓を閉める。終わったら換気。

     ・ビリーズブートキャンプ  You Tubeで検索。頑張れ!

     

     生活のリズムを崩さないために心がけるとよいこと

    ・起床・就寝の時間は学校のときと同様にする。

    ・学習の習慣を身につける(苦手科目の克服を試みる)

    ・適度な運動を続ける (動画などを参考に個人で出来る練習トレーニングをする)

    ・趣味を極める

    (バスケットボールが好きな私は,ルールブックを丸暗記出来るくらい読む予定)

     

     

              

     

  • 2020年04月24日(金)

    生徒へのメッセージ(二学年部より)

    塞翁が馬2

                                生徒の皆さんへ


    1 人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)
    人生における幸・不幸は予測しがたいということ。 幸せが不幸に,不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから,安易に喜んだり悲しんだりするべきではないというたとえ。

    由来となったのは「淮南子(えなんじ)」という紀元前に中国で編さんされた思想書。

      淮南子は21篇から成り,その中の第18篇「人間訓」に「人間万事塞翁が馬」のことわざの由来である逸話の原文があります。

    そのあらすじは、老人の馬が逃げたところ,その馬が優れた別の馬を連れて帰ってきた。今度は老人の子供が馬から落馬して足を折るのだけれども,そのおかげで兵役を免れて命が助かったというもの。

      日本語で「人間」というと「人」のことですが、中国語で「人間」は「世間」という意味があります。つまり「人世(じんせい)」とは「世間」という意味になります。

    そのことから、「人間万事塞翁が馬」の「人間」はじんかんとも読み,「人」ではなく「世間」のことを指しています。だからその意味は「世の中に起きる悪いことも良いことも予測はできず、それに振り回されてはならない」という少し深い意味となります。
                             
    ※ 類似の格言
    禍(か)福(ふく)はあざなえる縄のごとし     
        禍福の禍とは災いのことで,災いと幸福は紐など が寄り合わさったように表裏一体であるという意。

        災い転じて福となす

    2 今できること
      コロナウィルス感染拡大の影響で,世の中は暗い話題ばかりです。学校も臨時休校となり,皆さんのいない学校は閑散としています。早く正常に戻り,皆さんと一緒に授業をしたいと全職員が望んでいます。
      皆さんは,高校総体のゆくえや採用試験,進学受験がどうなっていくのか,将来について大変不安を感じたり,ストレスを感じていることと思います。しかし,それは,あなただけではありません。全国の高校生が感じていることなのです。この難局を皆さんと力を合わせて乗り越えていきましょう。高校の時の恩師に言われた言葉を今思い出します。「人生の幸不幸は半分半分だぞ」運が悪いとか不幸だと嘆くより,苦しいことの後には必ず良いことがあると信じましょう。できないと投げ出すのではなく,今できることを探しましょう。きっと新たな発見があると信じています。もし,困ったことや悩みがあれば,決して一人で抱え込まないで先生方を頼ってください。皆さんの笑顔と会える日を楽しみにしています。

  • 2020年04月22日(水)

    休業中の課題一覧

    休業中の課題一覧がホームページ掲載されました。

     

    何事も実力をつけるためには、孤独に鍛錬を重ねる時間が必要です。

     

    学校もない!遊びにも行けない!さあなにをすべきか!

     

     

    勉強をしましょう。

     

  • 2020年04月22日(水)

    生徒へのメッセージ(校長より)

    R2.4.22

     生徒へのメッセージ


      「算術の少年 しのび泣けり 夏」(西東三鬼)
     これまでの教員生活を通して,受験生となる夏休みでさえ,黙々と一人机に向かうのは容易ではないことは分かっているつもりです。それが,まだ,新年度が始まったばかりの風薫るこの時期に,これまで,だれも経験したことのない外出自粛の休業日がやってくるのです。自ら問いに対して悩み,苦しみ,分からない自分自身に対して涙しても,横にいて教えてくれる師も友もいない。
       南日本新聞4月20日付のコラム「南風録」に


     こんな小話がある。アメリカの大金持ちが,『全財産をはたいてもかなえたい望み』について質問され,答えた。「『ハックルベリー・フィンの冒険』をまだ読んでいない状態に戻してほしい」。子どもの頃,息もつかせず読みふけった興奮を取り戻せたら・・・

     

    と。あの感動を純粋な気持ちでもう一度味わいたい気持ちは大人なら誰でもわかる気がします。高校生の時,化学の習い始めで,なかなか理解できなかった「結合と結晶」のところが,「分かった」瞬間は今でも覚えています。その前と後で,自分の周りの「モノ」が「物質」に変わった瞬間であり,世の中を見る景色が変わったと言っても過言ではありません。覚えることは忘れることと可逆的ですが,「わかる」ということは不可逆です。もう,前に進むしかないのです。
     新型コロナウィルスの感染症拡大による休校措置は,病気そのものもですが,皆さんの部活動や学業へのやる気や,さらには物事に対する興味関心をも奪ってしまうのが怖いです。知識は体験や経験により知恵に変わり,これからの人生における困難に立ち向かう勇気を得ることができます。今は,知識をしっかりと蓄えておいて欲しいと思います。学校が再開したときに,その知識を知恵へ変えてくれる多くの協働による体験が待っています。
     まだ,習っていない新たな分野へチャレンジするのもいい,習ったのになかなか理解出来なかった分野をもう一度わかるまで何度も何度も食らいついてみるのもいい,どっぷりと読書の海に乗り出すのもいい。一日何もやらなければゼロのままです。何か1つでも取り組んでいけば必ず積み重なっていきます。2週間後には必ず,自らの変化に気づくはずです。それを楽しみに,この機会を主体的に取り組んで,ひとまわり逞しくなった君たちに会えることを先生方と楽しみに待っています。

    ※私のお勧め本:「生物と無生物のあいだ」(福岡伸一著)
    ・・・今,世界は新型コロナウィルスにより未曽有の危機にさらされています。ウイルスとは自己複製するシステムを有するが,代謝がなく,特殊な環境下で精製すれば結晶化する無機物的な面もあり,生物なのか無生物なのか,読みながら平衡という意味も含めて考えさせてくれます。

    校長 田嶋吾富