• 2020年09月14日(月)

    生徒会役員選挙

     

    DSC_0004

    生徒会役員選挙が行われました。

    自主自立という校訓の元、未来の喜界高校を作るために壇上に上がってくれた生徒たち。

    ある生徒は「先輩方のような優しくも頼りがいのある上級生として学校をより良いものにしたい」と述べ、

    またある生徒は「○○さんは、助けを必要としている人に進んで手を差し伸べることのできる人物です」と熱のこもった応援演説をやってのけました。

    時間をかけて練られた演説内容に教員一同、生徒の更なる成長を感じたところでした。

    結果がどうなるかはまだ判然としませんが、労力を払い勇気をだして壇上にのぼって自分の思いを大勢の人に向けて表現した経験はきっとこれから先の人生を豊かにしてくれるはず。

    ひとまずお疲れ様でした。

    DSC_0006

  • 2020年09月10日(木)

    第71回体育大会

    第71回体育大会が行われました。今回は昨今の事情を鑑みお客様の来場を制限して催す運びとなりました。

     

    DSC_0514

     

    予行練習の日にはあれだけ快晴であったにもかかわらず、本番はあいにくの天候でした。

     

    DSC_0570

     

    しかしそこはさすが喜高生の皆さん。

    悪天候など、ものともせずでも全力で取り組み、楽しんでいました。

    本人たちにとっても関係者にとっても思い出深い体育大会になったことでしょう。

     

     

    DSC_0817

  • 2020年09月01日(火)

    二学期始業式

    DSC_0001

    二学期始業式が行われました。

     

    校長先生からは、総合的な学習の時間で行っている「喜界町への提言」を行う中で、疑問を持ち、検証して、わかりやすく伝えることで、生徒それぞれが力を磨き、喜界島の持続可能な発展に寄与するように励んでほしいというお話がありました。

     

    生徒指導主任からは、小さな気の緩みが大きな事件に繋がるので今一度自分の立ち居振る舞いを見直してより高校生として胸を張れるように行動して欲しいとのことでした。

     

    新しい能力を獲得していく一方で、今までに既にできるようになったことも時々復習して忘れないようにしましょうね。

    DSC_0003

  • 2020年08月29日(土)

    マーシャル諸島の学生と英語でオンライン交流

    image0

    喜界町教育委員会の「やる気塾」の一環として行われたマーシャル諸島との交流会へボランティアとして,本校高校生12名が参加しました。

    その中で高校生たちは、小学生の色々な質問を英語で助けながら一緒に異文化交流を楽しみ、マーシャル諸島も同じサンゴ礁の島としての共通点や島の特産物や観光スポットなどの魅力について話を広げたりして理解を深めました。

    image1

    小学生からマーシャル諸島の大学生にむけて出た質問は、食文化や言語についての質問に始まり、果てはカブトムシの生息の有無についてなど多岐にわたり、国際交流の機会を存分に楽しんでくれていたようでした。また高校生も小学生の質問を通訳するという重責を担い、大変そうでしたが、非常に頼りになる姿を見せてくれました。

    島の外に出たときには自分の出身地のことを伝えなくてはいけない機会も増えます。今のうちに練習しておきたいですね。

    image2

  • 2020年08月25日(火)

    中学生一日体験入学

    DSC_0034

    中学生1日体験入学が行われました。

    体験のなかで中学生の生徒たちは、高校生と一緒になって普段の授業に参加したり、高校生に教えてもらいながらエクセルで表を作るなどしました。

    DSC_0037

    小さい頃から見知っている先輩たちが、高校に入ってからたくましく成長していたことを感じてもらえたでしょうか。

    中学生の皆さんに書いてもらった感想では、「高校生が普段受けている授業を体験したことで中学校との違いを感じることができて良かった」というものもあり、職員としては四月の入学に向けて期待が高まるばかりでした。

    さまざまな活動を通して高校での生活のイメージが湧いたかと思います。職員一同、サポート体制を整えて皆さんの入学を待っていますね。

    DSC_0044

  • 2020年07月31日(金)

    島内清掃ボランティア

    IMG_0882

     

    島内清掃ボランティアが行われました。

     

    毎年この猛暑の時期に行っている清掃ボランティア。

    教員たちが暑さに打ちひしがれる中,さすが若い皆さん,灼熱の日差しの中でも持ち前の元気さで,楽しそうに作業をしてくれました。

    普段受け取っている,島からの様々な恩恵は意識的に返していかないと積もるばかりです。

    こうやって少しずつ,島や島の人々に恩返ししていけるといいですね。

    IMG_0885

  • 2020年07月20日(月)

    クラスマッチ・終業式

    DSC_0071

    先週はクラスマッチが行われました。

     

    猛暑に見舞われることが通例となっている一学期クラスマッチですが,今回は程良い天気で体調不良者も出ず,快適に実施することができました。

     

    ソフトボールもバレーボールも,それぞれができることを頑張っていました。また学年やクラスを超えて熱の入った応援も見ていてとても爽やかな気持ちになりました。

    DSC_0081

     

     

    そして本日は一学期終業式。

    DSC_0007

    校長先生からは『バランス感覚と距離感』についての話がありました。

    それぞれの小さな行動が,時として,大きな影響を与えることがあります。誰かの一言がきっかけで人生が変わるなんて事もよくある話です。どうせ変わるなら良い意味で変わって欲しいですね。

    どういう行動がどういう結果をもたらすのか,そしてそれを行う時期や場所は適切なのか。

     

    重々承知して楽しい夏休みをお過ごしください。

     

    と言っても,休校期間があった関係で,明日からも学校はありますが…。

    DSC_0006

     

    DSC_0100

    ↑(先輩のハカを眺めている構図)

  • 2020年07月12日(日)

    サンクスコンサート

     

    IMG-5081

     

    サンクスコンサートが行われました。

     

    昨今の事情により県の吹奏楽コンクールが中止になったことから,

    「今まで支えていただいた多くの方に感謝の意を込めて演奏会を行いたい」という生徒たっての希望で開催が実現した今回の演奏会。3年生にとっては最後の演奏会でした。

     

    出演した生徒たちは一音一音丁寧に心を込めて演奏していたようでした。

    その甲斐あってか,観客のなかには涙を流すほど感動されていた方もいらっしゃいました。

     

    吹奏楽以外のことでも同じですが,懸命に取り組んだことは将来的に思いもよらないところで役に立つものです。

     

    重ねた研鑽は,未来に波及する。

     

    そう思います。

     

    IMG-5073

  • 2020年07月03日(金)

    進路ガイダンス

    DSC_0039

     

    進路ガイダンスが行われました。

     

    専門学校、短大、大学など幅広い分野の学校の担当者の皆様にお越し頂きました。大変お世話になりました。

     

    将来の選択肢を決めることは難しいですね。

    「コレだ!」と思ったものが想像とは違ったりします。

    けど、「やってみたいけど無理だろうなあ」と思っていたことが凄く自分に合っていたりもします。

     

    少しでも興味のあることは比べてみましょうね。何事も、比べてみることで価値がわかってきます。

     

    DSC_0041

     

     

     

     

  • 2020年06月19日(金)

    AED講習会

     

    DSC_0024

    DSC_0028

     

    AED講習会が行われました。

    AED(自動体外式除細動機)は、心臓が正常に動かなくなった時に自動で電気ショックの必要性を判断し、必要があれば電気ショックを施して心臓の動きを正常に戻すための装置です。

    音声ガイドに従って使用すれば特に難しいことはありません。しかし、実際に練習したことがあるのと無いのでは大きな違いがありますね。

    気温が高くなれば、AEDを使うべき時が出てくるかもしれません。

    しっかり練習した皆さんであれば緊急時にも最適な応急処置ができます。

    心室細動になった際には、1分処置が遅れるごとに10%蘇生確率が下がるそうです。つまり救急車が来るまでの約10分程度の間に救命処置を施さなければ間に合わないということですね。身近な人の命は皆さんの行動で救えるかもしれません。

     

    (参考:『日本光電のAED情報サイト AEDライフ』https:www.aed-life.com)

    DSC_0031

    DSC_0037